4.高校生の恋

旅行当日に起きた奇跡

目安時間 3分

4月から高校生になる。

 

私は県内私立の女子高へ通うことが決まっていた。

 

高校から春休みに課せられている大量の宿題も、失恋からのショックを打ち消すように必死でこなした。

 

気を抜くとバレンタインデーのことばかり思い出してしまい涙ぐんでしまうため、必死で気を紛らわすために勉強した。

 

そして3月の半ばに私は母親と、母の友人達とシンガポールへ遊びに行くことが決まっていた為、それを楽しみに勉強することもできた。

 

人生初の海外旅行である。

 

人生初の海外旅行はシンガポール

旅行当日、成田空港へ向かうため早朝に車で出発した。

 

 

家を出て5分くらいの場所で奇跡が。

 

 

 

 

早朝、朝日が眩しい河原の土手に、見覚えのある後ろ姿が視界に入った。

 

 

なんと自転車にまたがった高田くんが、自転車を止め、眩しそうに朝日を眺めていた。

 

そしてそのすぐ横を、車で通過したのだ。

 

親もいるし、早朝だし、失恋してるし、一瞬だし、声をかけることはもちろんできなかった。

 

 

ただ人生初めての海外に行く日のこの時間、このタイミングで高田くんに会えるなんて、奇跡以外の何ものでもない。

 

 

・・・私はまだ、あなたを好きでいても良いの?

・・・どうすればあなたは振り向いてくれる?

 

 

 

こじつけでも良いから、高田くんとの縁を信じていたかった。

 

そんなことを考えながら、窓から見える朝日に輝く高田くんを見つめていた。

 

そしていざシンガポールへ。

 

ここでまた私の生活に大きな変化が加わることとなる。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

マイプロフィール


 

みく
初めまして、みくです(^-^)

過去の恋愛経験、音楽、漫画のことについて色々と書いていきたいと思います!

少々身バレが怖いですが、興味を持っていただけましたら、トップページの「マイプロフィール」をご覧いただけると嬉しいです!