4.高校生の恋

シンガポールでの新たな出会い

目安時間 3分

シンガポールへは大所帯でのツアーとなった。

 

私達親子を含め、計4家族総勢10名でのツアーとなった。

 

親の知り合いではあるけれど、私にとっては「初めまして」の方ばかりだった。

 

知らない人ばかりがいる環境というのは、どこか落ち着かず疲れるものだというのを改めて痛感した。

 

シンガポールに到着

成田空港に到着し、飛行機に乗るまでの間や飛行機内は家族ごとで行動していたため、実際に全員が顔合わせをしたのはシンガポールに着いてからだった。

 

 

噴水がある広場のようなところに集合した時、一際目を引く男性がいた。

 

彼は母の友人の息子。

貴人(たかひと)さん、21歳。

 

貴人さんは高校卒業後、貴人さんのお父さんの仕事を継いでいたため、社会人だった。

 

パッと見た印象はケイン・コスギさんに似ているな〜と思った。

 

当時の私は16歳。

 

5つも歳上の男性を目の前にし、眩しさを感じた。

 

スラリと細く長く伸びた手足。
キレイにセットされた髪。
ワイシャツと綿パンをオシャレに着こなした格好。

 

一目で大人っぽさを強く感じたことを覚えている。

 

とは言え私とは別世界に生きている人。

 

特にこれといって何かを感じたわけでもなく、
すぐさま私は、人生初の海外旅行を母と謳歌し始めた。

 

シンガポールでは多国籍料理がすごく美味しく食事も気に入った。

 

 

ナイトサファリや博物館なども楽しかった。
長距離移動のロープウェイがハラハラドキドキしたことも覚えている。

 

 

マーライオンを実際に自分の目で見ることができて感動したし、街にゴミを捨てると罰金刑を課される国という言葉通り、すごくキレイな街だった。

 

道路や標識、信号などがLEGOに出てきそうなくらい可愛いデザインで何枚も写真におさめた。

 

約1週間の旅行だった気がする。

 

貴人さんとは食事の際に席が近くになるなど、何度か話はしたものの社交辞令程度の距離感だった。

 

 

数日後に、この貴人さんとの距離が縮むことになる。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

マイプロフィール


 

みく
初めまして、みくです(^-^)

過去の恋愛経験、音楽、漫画のことについて色々と書いていきたいと思います!

少々身バレが怖いですが、興味を持っていただけましたら、トップページの「マイプロフィール」をご覧いただけると嬉しいです!