2.小学生の恋

一つの恋の終わらせ方

目安時間 3分

小学5年生になって、クラス替えがあった。

 

しゅうくんとはまた同じクラスになった。

 

けれどギクシャクと開いてしまった2人の距離は縮まらない。

 

視界に入るしゅうくんが、他の女子と楽しそうにしていると、心の中をドス黒いモヤが覆った。

 

そんな感情を持つ資格は私にはないのに。

 

恋を忘れるために励んだこと

そんなドロドロとしたマイナスの感情を打ち消すために、私は勉強に励んだ。

 

何かでアピールできるとすれば、良い成績を取る事だと、その時の私はそう思った。

 

そして黙々と勉強をしていた。

 

その時の担任の先生は、テストをする度に「100点が何人いた」とか、「最高得点は〇点です」などを発表した。

 

そうするとクラスの周りの子たちは、躍起となってその対象を探す。

 

 

そしてその相手を一目置くようになるのだ。

 

 

周りからとやかく言われない存在になるため、私は勉学の強化という手段に出た。

 

 

「勉強ができれば、周りにバカにされないで済む」

 

 

そう思った私は、クラスの上位に入るために勉強に励んだ。

 

そして 、勉強に取組むうちに、次第にしゅうくんへの想いも落ち着いていった。

 

 

気まずさが大きく残る中、自分の保身のために終わらせた恋。

 

 

しゅうくんに冷たい態度を取り、そして冷たい態度を取られることで、「好き」という感情は少しずつ小さくなった。

 

本当に少しずつ少しずつ小さくなって、そして無くなった。

 

 

そして、ここから長い恋が始まることとなることを、その時の私は知らなかった。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

マイプロフィール


 

みく
初めまして、みくです(^-^)

過去の恋愛経験、音楽、漫画のことについて色々と書いていきたいと思います!

少々身バレが怖いですが、興味を持っていただけましたら、トップページの「マイプロフィール」をご覧いただけると嬉しいです!