2.小学生の恋

転校生は白馬の王子さま!?

目安時間 3分

小学校4年生の冬、一人の男子転校生がやってきた。

 

彼の名は「しゅうくん」。

 

背が高く、足が長い、鼻筋がスッとした、キレイな顔立ちをしていた。

 

色が白く、痩せ気味のしゅうくんは、まるで絵本の世界から飛び出してきた王子様のようだった。

 

 

転校生しゅうくんは白馬の王子様

 

 

 

そしてしゅうくんは、頭が良く、字も上手で、おまけに運動神経も抜群に良かった。

 

 

特にバスケットボールがとても上手で、身軽に人を交わしゴールを決める姿はキラキラと輝いていた。

 

そして性格も穏やかで優しかった。

いつもクシャッとした笑顔で笑っていた。

 

 

ただ、ちょっと照れ屋なところがあり、体育の授業中スクワットをしなくてはいけないのに、その姿勢が恥ずかしいという理由で断固として拒否していた。

 

そんなちょっとおちゃめな可愛らしい一面も持っていた。

(またしてもギャップ萌えに射抜かれたワタクシ・・・)

 

 

放課後も皆と一緒に、しゅうくんと遊んだ。

 

しゅうくんは皆の輪にすぐに溶け込み、仲良くなった。

 

そんな何から何まで良いとこばかりのしゅうくんは、すぐに皆の人気者になった。

 

 

必然的に、私とも仲良くなった。

 

 

それから、「付き合う」とかそういうのではなく、しゅうくんという人柄が大好きになった。

 

 

始めは友達として、人間として「好き」という感情だったと思う。

 

 

いつからか、その感情は女子が男子に抱く、恋心としての「好き」に少しずつ変化していった。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

マイプロフィール


 

みく
初めまして、みくです(^-^)

過去の恋愛経験、音楽、漫画のことについて色々と書いていきたいと思います!

少々身バレが怖いですが、興味を持っていただけましたら、トップページの「マイプロフィール」をご覧いただけると嬉しいです!